--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006/09/23(土) 食材はカロリーが低いものを選ぶ
肉はロースよりもヒレや赤身が、鶏肉を使う場合はささみがベストです。
とり皮は美味しいのですがカロリーが高いので、取っ手から調理したほうがいいでしょう。
マグロならトロよりも赤みがおすすめです。
野菜や、豆腐などは栄養があり、ローカロリーです。
油を使ったり、濃い味付けのものを避けて素材の味を活かした
調理を心がけましょう。
また海藻類や、きのこ類、こんにゃくなどはローカロリーと言うよりは
カロリーをほとんど気にする必要がないので、
調理に上手に取り入れてボリュームアップをはかりましょう。

カロリーを抑えるヒント
①フライパンはテフロン加工を使う
②野菜サラダにはレモンをかけていただく。
物足りないならノンオイルのドレッシングを使いましょう
③牛乳はカルシウムや良質のたんぱく質を取るのにいいのですが、
カロリーが気になります。
低脂肪乳にするなど工夫しましょう
④揚げ物をするときは食品に水分が残っていると衣が沢山付いてしまって必要以上に油を吸ってしまいますので、食材の水分をしっかり取ってから衣をつけるようにしましょう。
⑤ひき肉を使う料理は、肉の量を減らし、肉の変わりに豆腐混ぜて作りましょう。
⑥少量の油で表面をこんがりと焼いたら酒やワインを加えて、
蒸し煮にしましょう。
⑦醤油1に対してだしを1~2の割合で作っただし醤油を作って食卓で使いましょう。
⑧お菓子はなるべく食べないようにしましょう。
⑨果物を取り過ぎないようにしましょう。
⑩食べるときはゆっくりかんで食べるようにしましょう。
血糖値があがって満腹感が得られます。
スポンサーサイト
| カロリーダウンのコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
2006/09/17(日) スパイスやだしを上手に使いましょう
▼食塩だけでなく、味噌、醤油、トマトケチャップ、マヨネーズなどの調味料も注意が必要です。
スパイスやハーブ、しょうが、シソ、レモン、ゆずなどを上手に使って味に変化をつけて楽しみましょう。

▼鰹節や、昆布、煮干などでしっかりとしただしをとると薄味でも
とても美味しくいただけます。
煮物などもコクのあるものに仕上がり、味噌汁も味噌が少なくても美味しくいただけます。

美味しいだしのとり方
◆干ししいたけのだし
乾いたふきんで汚れをさっと落とし水に2、3時間つけておきます。
急ぐときはぬるま湯に砂糖を一つまみ入れてからしいたけをつけるといいです。
煮物やめんつゆにはとても良い出しになります。

◆昆布と鰹節のだし
出し昆布を10センチ角ぐらいに切って切れ目を入れてから、
水4カップにしばらくつけてから火にかけます。
煮立つ前に昆布を取り出し、鰹節を15g入れます。
人に経ちして鰹節が沈んだらこしてください。

◆煮干の出し
煮干し30gの頭をとり、大きいものは開いてわたもとりましょう。
鍋に4カップの水を入れて、煮干をしばらく入れておきます。
火にかけて5分煮てください。味噌汁の出しにとても美味しいです。
| カロリーダウンのコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。