--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006/08/29(火) 太りすぎはなぜいけないのか?
妊娠するとホルモンの分泌が盛んになり、脂肪を蓄えるホルモンが沢山出ます。
理由は赤ちゃんを守り、育てるためのエネルギーを蓄え安い体にするためです。
そして妊娠中はどうしても食べる量に比べて運動量が減ってしまうのでどうしても太ってしまうのです。
太りすぎてしまって心配なのは妊娠中毒症。
むくみだけの軽い中毒症なら、妊婦の役5%から10%割合でなるのですが、
太りすぎると中毒症になる確率は明らかにあがります。
妊娠中毒症は、妊婦の負担に母体が耐えられなくなって状態で、
症状が現れるのは28週以降、主に32週を過ぎてからですが、
妊娠初期から注意が必要になってきます。
そして最近増えてきているのが妊娠糖尿病。
糖尿病の素因がある人はもちろんのこと、太りすぎると健康な人でも、
糖が出やすくなります。
尿検査で糖が出た場合は、当分の摂取を控え、肥満を防ぐように
食生活を見直す必要があります。

妊娠糖尿病は出産するといったんは良くなりますが、
年齢を重ねていくと、また糖尿病になりやすいので注意が必要です。
胎児が糖分を置くとりすぎて大きくなりすぎてしまうと、糖代謝機能、
免疫機能、心肺機能などに障害を生じやすくなります。
スポンサーサイト
| 元気な赤ちゃんを産むために! | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<太りすぐぎると出産が重くなります | ホーム | 体重増加は10kgまでに抑えましょう>>
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示許可
トラックバック
トラックバックURL
http://rinyusyoku.blog55.fc2.com/tb.php/17-7d3da7e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。