--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006/09/02(土) 妊娠初期に不足しがちな栄養素
◆葉酸は1日400μg必要です
特に妊娠初期には葉酸が足りないと奇形率が上がることがわかっています。
欠乏すると、神経間閉塞障害 二分脊椎 口唇口蓋裂 無脳症などの原因になるといわれています。
妊娠中を通じて必要な栄養素になりますが、特に妊娠初期、厳密には妊娠する前3ヶ月から12週にかけては1日400μgとるようにしたい栄養素です。
食品からだけでは充分には摂取できないので半分はサプリメントからとるようにしましょう。

◆カルシウムと鉄分を十分にとろう
妊娠初期の赤ちゃんはまだ小さいものの、骨格の基礎を作る大切な時期なので、カルシウムは欠かせません。
不足すると母体のカルシウムが使われ、骨密度が低くなってしまいます。
また鉄が不足するとヘモグロビンが出来ないため、
新しい血液が造られにくくなってしまいます。

◆便秘を防ぐため食物繊維をとろう
下剤を使うと、腸を無理に刺激して流産の危険性も出てきます。
妊娠が進むにつれて便秘もひどくなりますので、
妊娠初期から薬に頼る事無く、食物繊維の多い食事で
自然にお通じがある習慣をつけて起きたいものです。
高脂肪食は避けて、乳酸菌などで腸の調子を整えるといいでしょう。
スポンサーサイト
| 妊娠初期 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<つわりが始まる | ホーム | 太りすぐぎると出産が重くなります>>
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示許可
トラックバック
トラックバックURL
http://rinyusyoku.blog55.fc2.com/tb.php/19-d715310c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。