--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006/09/12(火) 妊娠中毒症が一番心配です
妊娠も後期になると妊娠中毒症になりやすくなります。
特に32週以降に多くなることがわかっています。
妊娠中毒症になると、胎盤機能が低下して、赤ちゃんの発育が悪くなります。
低体重児が生まれてしまったり時には赤ちゃんが死亡してしまう場合もあります。
赤ちゃんだけでなくママも命にかかわることがあるので、充分注意しましょう。

妊娠中毒症になりやすいタイプ
【1】妊娠前から太り気味
【2】味付けが濃いものが好き
【3】脂っこいものや、甘いものが好き
【5】ストレスが多い
【6】35歳以上、または18歳以下
【7】双子以上の多胎妊娠
【8】慢性腎炎、糖尿病、高血圧などの病気を持っている人が、
血縁関係にいる。
【9】前回の妊娠で中毒症になった

予防のポイント
【1】太り過ぎない
【2】塩分を取り過ぎない
【3】定期健診をちゃんと受ける
【4】軽い運動をする。症状が出た場合は絶対安静
【5】過労を避ける
スポンサーサイト
| 妊娠後期 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<妊娠中毒症ってどんな感じ? | ホーム | 何回かに分けて食べる工夫を!>>
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示許可
トラックバック
トラックバックURL
http://rinyusyoku.blog55.fc2.com/tb.php/25-85a52d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。